何度、時をくりかえしても本能寺が燃えるんじゃが!?【第36話】のネタバレと考察・感想|それでこそ信長!

何度、時をくりかえしても本能寺が燃えるんじゃが!?3

週刊ヤングマガジン2021年45号(10月4日発売)の原作:井出圭亮先生、作画:藤本ケンシ先生の歴史もの死に戻りループ漫画『何度、時をくりかえしても本能寺が燃えるんじゃが!?(通称:なんじゃが!?)』の第36話のネタバレと考察・感想を紹介します!

←前話を見る 今回 次話を見る→
第35話 第36話 第37話

光秀に破れた信長ですが、今にも命が尽きようとしているお遥を置いていくことが出来ません。

そんな信長に、お遥が最後の言葉を投げかけます。

死にゆくお遥に信長のとった行動は…!?

なんじゃが!?【第36話】の登場人物

第36話のネタバレと考察・感想記事に出てくる主要な登場人物を紹介!

織田信長(おだのぶなが) 主人公。本能寺の変を回避する為、何度も同じ刻を繰り返す。
お遥(およう) 信長に仕えていた侍女。幼い頃に金平糖をもらったことで信長に恩を感じている。
明智光秀(あけちみつひで) 現在の歴史では覇王を名乗り数々の大名を従え、織田軍に戦争をしかけている。
濃姫[帰蝶](のうひめ・きちょう) 斎藤道三の娘で信長の妻。

何度、時をくりかえしても本能寺が燃えるんじゃが!?【第36話】のあらすじとネタバレ

敗北の後

外では合戦が行われており、大砲の音が飛び交っています。

一方、静寂の室内。

部屋には、うなだれる信長と、今にも命の炎が尽きようとしてるお遥だけです。

置いてはいけない

静寂の中、お遥が口を開きます。

負けてしまった事を謝るお遥に、信長は結果的に逃げられることになったからいいと慰めます。

また濃姫のことも黙っていてごめんなさいと謝ります。口止めされていて、濃姫のことも信長のことも大好きなお遥は、しゃべることが出来なかったのでした。

なぜ口止めをしていたのか気になった信長ですが、とにかく今は脱出しようとお遥に肩を貸そうとします。しかし、お遥は立ち上がれるような状態ではありませんでした。

今はちょっと体が動かないので、先に行ってくれと言うお遥。

置いて行けない信長は、お前はワシの盾なんだから根性を見せろと檄を飛ばします。

しかし、逆にお遥が怒鳴り返すのでした。

必ず追いつく

今は目的を達成することが第一。

その為なら利用できるものは何でも利用する、使えないやつはとっとと切り捨てる。それこそが織田信長じゃないかと。

そう言われてハッとする信長ですが、それでもやはり置いていくことが出来ません。

悩む信長に、気合で追いつくから安心してくれと言うお遥。

必ず追いつくから、どうか先に行って下さいとお願いするのでした。

信長は苦悶の表情でお遥の肩から手をどけると、必ず来いと言い残し部屋から出て行きます。

お遥の願い

行ってくれて良かったとホッとするお遥。

懐から大事な金平糖を取り出し、口に入れようとしますが、そのまま倒れてしまいます。

お遥の体はとうに限界だったのでした。

体は動かず眠くなってきます。頭を撫でてもらう前に死んでたまるかと、自身を奮い立たせますが、やはり体は1ミリも動いてはくれません。

お遥には、信長に聞いてみたいことがありました。

また天下を目指すつもりなのか、それとも民として穏やかに暮らすのか。

どちらの道を選ぶにしろ、信長が生きているならば、自分も一緒に生きていきたいと思うのでした。

もう叶わない願いを浮かべながら涙を流すお遥。

その手からは金平糖が転げ落ちるのでした。

待っておれ

金平糖の転がった先には、出ていったはずの信長があぐらをかいて座っています。

手には小刀(包丁?)を握っています。

お遥を呼ぶ信長。

もはや、潰されたお遥の目には信長の姿は見えませんが、確かに信長の声が聞こえます。

ニヤリと笑って、待っていろと言う信長。

次の瞬間、刃を自分の胸に突き刺すのでした。

何度、時をくりかえしても本能寺が燃えるんじゃが!?【第36話】の考察と感想レビュー

やばい回!お遥の忠義心に涙が止まりません!

そして、ラストの信長の顔と、少しの躊躇もない自害!

最高の家臣に対して、主君が取った最大限の賛辞!カッコよすぎて鳥肌が立ちました。

しかし、正直本能寺に戻ることの出来た信長が、貴重な残機を減らしてまで、ここで自刃を選んだ訳が気になります。

ただただ早く助けてやりたい一心だったのか、それとも何か理由があるのでしょうか?

まとめ

今回は、『何度、時をくりかえしても本能寺が燃えるんじゃが!?』第36話のネタバレと考察・感想でした。

次回、『何度、時をくりかえしても本能寺が燃えるんじゃが!?』第37話は、週刊ヤングマガジン2021年46号(10月11日発売)に掲載予定。

今後の展開を予想して待ちましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。