君が獣になる前に【第2話】のネタバレと考察・感想|事件現場に映っていたもの

週刊ヤングマガジン2021年46号(10月11日発売)の、さの隆先生のサスペンス漫画『君が獣になる前に From the Dust.』の第2話のネタバレと考察・感想を紹介します!

←前話を見る 今回 次話を見る→
第1話 第2話 第3話

テロ事件の重要参考人として呼ばれたハジメ。

決定的な証拠を見せられてま、琴音が犯人だとはとても思えません。

そんな時、ある疑念がわいてくるのでした。

君が獣になる前に【第2話】の登場人物

第2話のネタバレと考察・感想記事に出てくる主要な登場人物を紹介!

神埼一(かんざき はじめ) 葬儀屋、神崎葬儀会社の社長。31歳。6歳離れた琴音とは昔からの幼なじみ。両親を交通事故で亡くしている。
希堂琴音(きどう ことね) 人気の若手女優。ハジメの事をお兄ぃと呼んで慕っている。両親を事件で亡くしている。

君が獣になる前に【第2話】のあらすじとネタバレ

毒ガステロ事件

琴音と別れた次の日の12月28日。

あのまま家に帰って、眠りについていたハジメは、激しいノックの音で目を覚まします。

ノックの相手は警察のようです。仕事なら電話くれればいいのにと思いながら、玄関へと向かいます。

ドアを開けると、そこに立っていたのは2人の刑事でした。

寝ていて状況を把握できないハジメに、昨夜、駅で毒ガステロが起きたこと、その事件の実行犯が琴音であることが告げられます。

2人の刑事は、最後に琴音と行動を共にしていたハジメに話を聞きに来たのでした。

事情聴取

警察署に連れてこられたハジメ。

1年ぶりにたまたま再開した琴音と、ご飯を食べに行って、買い物しただけだと、昨日会ったことをありのまま、刑事に話します。

一緒にいて、変な素振りはなかったと言うハジメ。まだ琴音がそんな事件を起こしたなんて信じられません。

コレがなければ自分たちも信じられなかったと言う刑事。

そして、一つの動画を見せるのでした。

犯行現場

その映像は、テロ事件の被害者が撮影していたカメラの映像でした。

今から旅行に行く様子を友達と一緒に撮影しています。

楽しそうな女の子たち。しかし、喉の苦しさを訴えると、突然血を吐いて倒れてしまいます。

カメラはその後も回り続け、駅にいる人々が次々と血を吐いて倒れていく姿が映し出されています。

阿鼻叫喚の中、ガスマスクを付けた人物が現れます。その人物が着ている服は、昨日ハジメが見た琴音の服装と同じでした。

その人物がガスマスクを外します。そこにあったのはやはり琴音の顔でした。

それでもまだ信じられないといった表情のハジメ。

映像の中の琴音は、カメラの存在に気づくと、カメラに近づき何かをつぶやきます。

そして、ニコッと微笑むと、血を吐いて倒れるのでした。

その様子を見て取り乱したハジメは、琴音の名前を叫びます。しかし、映像の中の彼女が起き上がる事はありませんでした。

警察のメンツにかけて

落ち着いたところで、刑事たちの尋問が始まります。

先程までとは違うピリピリとした空気が漂う中、改めて心当たりはないかと聞く刑事。

警察も死者60人以上、重軽傷者500人以上というこの大事件をなんとか解決しようと必死なようです。

何も知らないと言うハジメですが、何日、何ヶ月かかろうと無理矢理にでも思い出してもらうと言う刑事。

これほどの事件を、被疑者死亡で終わらせるわけにはいかないと凄むのでした。

世界中からの敵意

14時間後、今日のところはと、ハジメはようやく解放されました。

家まで送ると言う刑事に、必要ないと答えるハジメ。

ならばせめて裏口からでるようにと言われ、裏口に向かいます。

しかし、裏口へ回ったハジメを待っていたのは、すごい数の報道陣とカメラでした。

琴音との関係、琴音の普段の素顔についてなど、矢継ぎ早に質問してくる報道陣。

ハジメが、琴音がこんなヒドイことをしたとは信じられないと答えると、犯人を庇うのか、被害者の前でそんな事が言えるのかと、責め立てられます。

報道陣に囲まれるハジメの元へ、先程の刑事達が現れ、車に乗るように指示します。

ある疑惑

結局、家まで送ってもらうことになったハジメ。

世間は行き場のない怒りをぶつける先を探しているのだと刑事は言います。

何故琴音があんな事件を起こしたのか、あの時、自分に声をかけてきたのは偶然だったのか。

なにもかもがわからないハジメ。

ふと、ポケットに手をやると、そこには見知らぬイヤリングが。

昨日、琴音との別れ際、電車のドアが閉まる寸前に、琴音は付けていたイヤリングを外してハジメに渡したのでした。

ああ、あの時のイヤリングかと思い出したハジメ。

それと、同時にある疑念が浮かんできます。

さっき見せられた映像に映っていた琴音の耳には、今ハジメの手の中にあるはずのイヤリングが映っていたのです。

どうかしたのかと聞く刑事に、何でもないと答え、手をギュッと握りしめるハジメでした。

君が獣になる前に【第2話】の考察と感想レビュー

衝撃の第一話から一夜明け、警察に呼び出されたハジメ。

思った以上に早いテンポで進みましたね。こんなに早く琴音に容疑が向くとは思ってませんでした。

2話にも驚きがたくさん用意されていましたね。

てっきり、事件を起こした琴音の行動や、動機を探りながら少しづつ琴音の消息を追う的なストーリーになるのかと思いきや、まさかの被疑者死亡からのスタート。

…と思いきや、そこならさらに別人疑惑。

別人にしては琴音に似すぎているし、まだまだ謎だらけです。

まさかSF展開はないよね?

まとめ

今回は、『君が獣になる前に』第2話のネタバレと考察・感想でした。

次回、『君が獣になる前に』第3話は、週刊ヤングマガジン2021年47号(10月18日発売)に掲載予定。

今後の展開を予想して待ちましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。